山九株式会社

HOME  >  事業のご紹介  >  物流ソリューション|株式会社TBSテレビ様|物流の山九株式会社|

Logistics Solution Case 002株式会社TBSテレビ様|日本が未体験の感動をオランダから―――― 先進的な劇場ビジネスを当社のワンストップソリューションでサポート。Logistics Solution Case 002株式会社TBSテレビ様|日本が未体験の感動をオランダから―――― 先進的な劇場ビジネスを当社のワンストップソリューションでサポート。

TBSテレビ様の劇場建設に伴う、欧州~日本間の劇場設備輸送や輸出入、設置、メンテナンス等、一貫して山九が担当しました。

物流ソリューション お客様の抱えていた問題

  • 課題1:オランダ~東京間の物流サービスから据付までのシームレスな連携体制
  • 課題2:窓口の一本化およびメンテナンスなどによる継続的なバックアップ

Interview日本が未体験の感動をオランダから――――
TBS テレビ様の先進的な劇場ビジネスをサポート。

株式会社TBSテレビ 事業局事業部 技術統括 中村 太郎 氏
株式会社TBSテレビ 事業局事業部 技術統括中村 太郎 氏

2017年3月、日本初上陸の360°客席回転劇場『IHIステージアラウンド東京』が東京・豊洲にオープン。TBSテレビ様が力を注ぐ演劇・イベント事業において、海を越えるプラント移設で長年培ってきた山九の技術と物流ノウハウが存分に活かされました。当プロジェクトの担当者として、さまざまな業務に直接携わられたTBSテレビ様の中村太郎氏から、実際の進行についてお話を伺いました。


課題1オランダ~東京間の物流サービスから据付までのシームレスな連携体制

革新的なエンターテインメントを東京・豊洲から発信。

革新的なエンターテインメントを東京・豊洲から発信

円形に配置された観客席をスクリーンとステージが取り囲み、観客席が360°回転することによってパフォーマンスが大迫力で堪能できるオランダの『Theater Hangaar』。TBSテレビ様は、この斬新な劇場システムの日本での独占使用権を獲得。世界で2番目となる客席回転式劇場、『IHIステージアラウンド東京』を東京・豊洲にオープンさせることを決定しました。「この劇場システムには、スクリーンに投射される映像、そしてステージの転換にシンクロする音響など、複雑な装置が付随するので、日本で0から建設するよりもパッケージとしてまとめてオランダで購入し、日本に輸送するほうが効率的と判断しました。そこで、国際物流のエキスパートである山九の力を借りることにしたのです」と中村氏は振り返ります。

物流(航空輸送/海上輸送)、一括輸入通関、据付、保守管理までを一貫して請け負う

国際物流のワンストップソリューションを提供

TBSテレビ様が山九を選ばれた決め手は、物流サービス、据付、保守管理までを一貫して任せられることにありました。 「当プロジェクトでは、業務の流れが分断すると円滑な進行が困難になることが容易に想像されたので、物流企業"山九"のユニークな業態は大きな魅力でした。また、オランダには現地法人の山九ヨーロッパがあることも頼もしかったですね」と中村氏は語られます。実際に作業がスタートすると、これらの山九のアドバンテージは遺憾なく発揮されました。先行して送るべきものは航空輸送し、その他のものは約40本のコンテナで工期に合わせて海上輸送。滞ることが懸念された通関も、たくさんの貨物を一つの設備とする「一括輸入通関」によって、スムーズな物流サービスと建設につなげていきました。

workflow

オランダ~東京間の物流サービスから据付までのシームレスな連携体制のワークフローオランダ~東京間の物流サービスから据付までのシームレスな連携体制のワークフロー

山九グループの協力体制

LS営業部お客様の総合窓口、プロジェクト管理 東京支店日本側での輸入通関、倉庫保管、貨物搬入等 山九ヨーロッパ欧州側での集荷、輸出手続き、国際海上輸送等 JPサンキュウグローバルロジスティクス緊急航空貨物の国際輸送 山九保険サービス国際貨物輸送保険の手配 協力会社設備の組立・設置、メンテナンス

課題2窓口の一本化およびメンテナンスなどによる継続的なバックアップ

窓口の一本化およびメンテナンスなどによる継続的なバックアップ

一人の担当営業が窓口となり下準備から物流までの全作業をマネジメント

実は『IHIステージアラウンド東京』は、客席回転式という点ではオランダの『Theater Hangaar』と同じですが、仕様に関してはかなり大幅な変更が加えられています。また当然、日本の建築基準法に見合うような耐震構造とする必要もありました。その結果、図面は修正に次ぐ修正を余儀なくされ、完成するとすぐ工場で作り始めてそのままコンテナに載せて輸送するという慌ただしさ。そのような状況下、繁忙を極めた中村氏が心強く感じていたのが山九の担当営業の存在だったそうです。中村氏からは「何か困ったことがあると電話一本であらゆることに対応し、調整していただけましたので本当に助かりました」というお言葉をいただいております。

観客席が360°回転するIHIステージアラウンド東京

劇場の仕様比較

Theater Hangaar(オランダ) IHIステージアラウンド東京
客席の数* 約1,100席 1,324席
スクリーンの高さ 6メートル 8メートル

*ターンテーブルは同面積。

きめ細かいフォローで劇場運営を末永く支援

予定どおりのスケジュールで無事にオープンを迎えた『IHIステージアラウンド東京』。すでに各方面で大きな話題となっていますが、現在でもまだ継続的にオランダから補修用部品を追加輸送している状況です。また、劇場の定期的なメンテナンス作業を行っているのは山九の協力会社。つまり、山九によるサポートはオープン後もずっと続いているのです。「私たちは演劇だけでなく音楽、映画、美術の展覧会などの文化事業を幅広く手がけております。今後もいろいろなものが海外から輸送されてくることが予想されるので、山九にはますます大きな期待を寄せています」と中村氏。このようなTBSテレビ様からの期待に応えられるように、山九ではさらに充実した物流サービスを提供し、これからもよりよいパートナーシップを築き上げていきます。

山九の声

ロジスティクス・ソリューション事業本部 LS 営業部 国際営業グループ マネージャー 小浦 隆
ロジスティクス・ソリューション事業本部
LS 営業部 国際営業グループ マネージャー小浦 隆

お客様の安心を第一に考えて

『IHIステージアラウンド東京』のプロジェクトで心がけたことは、全工程においてお客様にご心配をおかけしないこと。期間が長く、多種多様な作業や手続きがありますので、事前にオランダへ赴いて、想定されるいろいろな問題点を自分の目で実際に確かめておきました。結果的には、お客様のご要望を100%反映し、現場にもやりがいのある仕事を与えるという双方のよき中継役を担えたと思います。

ページの先頭へ